トップ

医師に必要な知識とは

国際化と医師の関係

英語が話せる医師の需要

国際化が進み行く昨今、外国籍の方が病院を受診することは珍しくなくなってきています。そうした患者が症状などを日本語できちんと伝えることが出来れば問題はないのですが、片言で要領を得なかったり、英語しか話せなかったような場合、医師がきちんとした診断が出来ずに最悪の場合、医療ミスに繋がってしまう可能性があります。そのため、現状では比較的、外国籍の患者が多い病院では、医療通訳が常駐して診察に立ち会うなどの工夫がされていますが、それ以外の病院では、まだ医療通訳の普及はそれほど進んでいません。また今後、さらなる国際化が進んでいけば、通常の通訳と違って専門的な知識が必要となる医療通訳の数が足りなくなることも十分に考えられます。このようなことから、今後の医療現場では医療通訳を挟まなくとも英語で患者とのやり取りが出来る医師の需要が高まっていくと予測されます。ですので、現在、なんらかの専門的な能力を身につけようと考えているのであれば語学の勉強はおすすめといえるでしょう。

英語を理解できるように

近年のグローバル化によって、さまざまな国の外国人が日本に住むようになりました。そんな人達も当然病院に行く事もあります。ですが全ての外国人が日本語を話せる訳ではありません。中には英語しか話せない人もいるでしょう。そんな時に医師が言葉を理解できず、何もできないと患者に辛い思いをさせてしまう可能性があります。勉強すれば何とかなるでしょうが普段の業務がある以上、堪能に話せるようになるのは非常に難しい事です。ではどうすれば良いかというと、英語が話せる看護師さんがいるのがベストです。通訳してもらえれば、的確に対処する事ができます。ですがそれも難しく現実的ではないともいえます。そこで医師が片言でも良いので話せれば患者も安心できるでしょう。例えば「どうしました、ここが痛いのですか」など患者のサインを診て、判断するのも良いでしょう。または英語のマニュアルを診察室に置いておいて、診察するのも可能でしょう。これからもたくさんの外国人が日本を訪れるでしょうから、少しでも話せるようになると便利です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要な知識とは. All rights reserved.